My Blog » Aoki Mio

Aoki Mio => Mio Akiyama (Listen) – K-on

Filed under: Aoki Mio

Aoki Mio => Análisis y Descarga – Desire climax

Título : Desire Climax Género: Drama, romance, josei, ecchi, psicológico Año : 2006 – 2007 Tomos: 7 Mangaka: Ayane Ukyo Mio es una chica normal de instituto que vive criminal su hermano y trabaja duro para mantenerle. Un día, su vecino y compañero muy renouned del instituto, “compra” the Mio para que “trabaje” de lassie en la casa, pero las intenciones de Shouei no son lo que parecen, está obsesionado criminal Mio y no parará hasta hacerla suya. Con el tiempo se descubren los secretos de las familias de ambos, incestos, perdidas de memoria, abandono, secuestro, violación.. El príncipe y Mio tendrán que pasar muchos obstáculos hasta darse cuenta de sus verdaderos sentimientos. Omori Mio Es la protagonista de nuestra historia. Una chica sencilla, torpe y trabajadora. Jinnai Shouei (el príncipe) Es el vecino obseso criminal Mio. Es millonarioy no … Read entire article »

Filed under: Aoki Mio

Aoki Mio => Mr. Yunioshi featurette decoded with Mark Young

Despite a beauty as good as iconicity of a movie Breakfast during Tiffany’s, there was a single thing which stranded out as being a distressing mistake, quite to Asian Americans—the sense of Mr.Yunioshi. Played by Mickey Rooney, a purpose called for regulating makeup as good as prosthetics to renovate a White singer in to a mimic of a Japanese man. This practice, called “yellowface,” was unfortunately sincerely usual in early cinema, though Rooney took a action to brand new lows by inspiring a appalling accent as good as in all creation a sense an annoying buffoon. When producers began formulation additional featurettes for a Centennial Collection’s chronicle of a film, Eric Young of Sparkhill saw a event to plainly plead a complaint of Mr. Yunioshi. “It … Read entire article »

Filed under: Aoki Mio

Aoki Mio => Robinsons & MIO TV Present Prime Time Fall Fashion

As you know, during USEDUNUSED you adore to party. And you adore fashion. As most as you adore D.I.Y. Avalon has eventually reached a shores bringing supastars similar to Ludacris to a shores. Also, of bar Avalon (LA) celebrity have been DJs similar to Steve Aoki who is no foreigner to a Singapore. some-more about him later. THE POINT BEING…. Tomorrow, Robinsons will be display it’s 2011 A/W pick up during Avalon tomorrow AND WE WOULD LOVE TO BE THERE. Robinsons has been re-vamping newly as well as you desired their visible merchandizing during MBS. (which a single of a friends, Shanna, is essentially in assign of hehe) Here is a design of Steve Aoki  (3 years ago!!!) in a single of a DIY head-dresses when he initial came to Singapore. He grabbed it off … Read entire article »

Filed under: Aoki Mio

Aoki Mio => Profumo Mio

    「….ちょうど1点モノばかりのジュエリーを制作していて、 その中にマリ共和国でしか取れないという <マリ・ガーネット>という 私の大好きな石があるのですが、 その石を使ったリングを仕上げていたところでした―。」   そんな時に立ち寄った神戸のバーニーズニューヨークで、 ラルチザン パフュームスタッフの乾さんから マリ共和国の香り、TIMBUKTU(タンブクトゥ)の話を聞き、 その香りの入った、 クリスマスコレクションボックスを連れて帰ってくれた 瞳と肌が透き通るように美しいデザイナーさんは、   まるで ラルチザン パフュームの色とりどりのカラーラベルのように、 様々な色が個々に美しく生かされた マリ・ガーネットを含んだその新しい作品を Profumo mio (イタリア語で″私の香り″の意味)と 名付けてくれました。   「….自分自身の香りを見つけるように、 自分だけの石に出会えるように―、という 願いをもったジュエリーになりました―。」     今年もまた、 近くても遠くても、 香りが届く距離あってもそうでなくても、 ありがとうを伝えたい大事な人に クリスマスカードを書きます。   ずっと、 長く知っているあの人。 今年、出会ったあの人。 ちょうどその人にあった香りを選ぶように、 合ったカードを選んで書いていきます。   大好きな藤城清冶さんが描いた 教会のステンドグラスが美しいカード。 なんだかまるで、 そのProfumo mio(私の香り) と名付けられた マリ・ガーネットのジュエリーのように 色彩と光に満ちているので、   そのカードは、 ちょうど今夜、ルミナリエという 鮮やかな光の祭典が終わる港街に住む、 その女性デザイナーさんへ宛てよう、   そう思って、 その女性の手から生まれた amore(イタリア語で″愛″) の文字が隠れたリングをはめた右手で、 今朝は クリスマスの言葉と香りをしたため、 ポストへ投函にいきました。     … Read entire article »

Filed under: Aoki Mio